平成29年度 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患等政策研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」

潰瘍性大腸炎のリスク因子に関する症例対照研究

大藤さとこ
本谷聡(JR北海道厚生連札幌厚生病院 IBDセンター)、高後裕、稲場勇平(旭川医科大学 消化器・血液腫瘍制御内科学分野)、飯塚政弘(秋田赤十字病院附属あきた健康管理センター)、石黒陽(弘前大学医学部 光学医療診療部)、舟山裕士(東北労災病院 外科)、杉村一仁(新潟市民病院消化器内科)、長堀正和、大塚和郎、渡辺守(東京医科歯科大学 消化器病態学)、日比紀文、井上詠(慶応義塾大学医学部 消化器内科)、亀岡信悟、板橋道朗(東京女子医科大学 第二外科)、渡邉聡明(東京大学腫瘍外科・血液外科)、工藤進英、小形典之(昭和大学横浜北部病院 消化器センター)、吉村直樹(社会保険中央総合病院内科・炎症性腸疾患センター)、小林清典、横山薫(北里大学東病院 消化器内科)、中島淳、高橋宏和、日暮琢磨(横浜市立大学附属病院 消化器内科)、杉田昭(横浜市立市民病院 炎症性腸疾患科)、鈴木康夫(東邦大学医療センター佐倉病院 消化器内科)、三浦総一郎、穂苅量太(防衛医科大学校 内科)、花井洋行(浜松南病院消化器病・IBDセンター)、楠正人(三重大学大学院医学系研究科 消化管・小児外科学)、藤山佳秀、安藤朗(滋賀医科大学 消化器内科)、飯島英樹(大阪大学大学院 消化器内科)、山上博一、渡辺憲治(大阪市立大学 消化器内科学)、大藤さとこ、福島若葉、廣田良夫(大阪市立大学 公衆衛生学)、岡崎和一(関西医科大学 消化器肝臓内科)、吉岡和彦(関西医科大学香里病院 外科)、北野厚生(医療法人若弘会若草第一病院)、内藤裕二(京都府立医科大学大学院医学研究科 消化器内科)、千葉勉、仲瀬裕志(京都大学大学院医学研究科消化器内科)、藤井久男(奈良県立医科大学 消化器・総合外科)、松本譽之、福永健(兵庫医科大学内科学下部消化管科)、池内浩基(兵庫医科大学 炎症性腸疾患センター)、石原俊治(島根大学医学部 内科学講座第2)、田中信治、上野義隆(広島大学病院 内視鏡診療科)、松井敏幸、久部高司(福岡大学筑紫病院 消化器内科)、二見喜太郎(福岡大学筑紫病院 外科)、山崎博、光山慶一(久留米大学医学部内科学講座消化器内科部門)、山本章二朗(宮崎大学医学部附属病院 内科学講座消化器血液学分野)、稲津東彦(宮崎大学医学部 内科学講座 循環体液制御学分野)、藤田浩、坪内博仁(鹿児島大学大学院医歯学総合研究科消化器疾患・生活習慣病学)、金城福則(琉球大学医学部附属病院 光学医療診療部)

研究概要紹介

01 | 目的

近年、潰瘍性大腸炎の患者報告数が増加
⇒ 潰瘍性大腸炎に対するリスク因子・予防因子を検討

02 | 方法

研究デザイン

多施設共同・症例対照研究

登録期間

2008年9月~2014年3月

対象者

  • 症例
    医療機関で、初めて潰瘍性大腸炎と診断された80歳未満の者
  • 対照
    各症例に対し、性、年齢(5歳階級:20~24歳、25~29歳 … 75~79歳)が対応する患者2人(消化器科1人、他科1人)
    ※除外基準…悪性新生物を有する者、1週間以上下痢・腹痛が続いている者、炎症性腸疾患の既往がある者

⇒ これら症例1人+対照2人のセットを、各施設で年間に2セットずつ登録

情報収集(登録時)

  • 自記式調査票(症例・対照共通)
    (1)生活習慣に関する質問票
    (2)食習慣に関する質問票
  • 医師記入用調査票(症例・対照共通)
    協力依頼日、患者の病名、性別、年齢、等
  • 潰瘍性大腸炎の臨床調査個人票(症例のみ)
    潰瘍性大腸炎の発症日、臨床症状、罹患部位、検査所見、等

解析

  • Logistic regression model
    ⇒ 潰瘍性大腸炎発症に対する各要因のオッズ比(OR)および95%信頼区間(CI)を計算

検討項目

  • これまでの研究で示唆されている要因(潰瘍性大腸炎の家族歴、禁煙、虫垂切除歴、など)の影響
  • 食事・栄養素(蛋白質、脂肪、砂糖、ビタミン、など)の影響
  • 衛生仮説(細菌・ウイルスへの曝露機会が潰瘍性大腸炎の発症に関連するかどうか)の検証

研究デザイン概要(症例対照研究)

研究デザイン概要(症例対照研究)

03 | 結果

  • 回答率:84%
    ⇒ 採用基準に合致しないものを除外
    ⇒ 解析対象 308人(症例 133、対照 175)
  • 以下のテーマで、論文執筆予定
    ・ イソフラボン摂取と潰瘍性大腸炎発症との関連(PLOS ONE 2014; 9: e110270)
    ・ 禁煙・断酒と潰瘍性大腸炎発症との関連
    ・ 微量元素(鉄・銅)摂取と潰瘍性大腸炎発症との関連
    ・ ビタミン摂取と潰瘍性大腸炎発症との関連
    ・ 小児期の因子(母乳栄養、感染症既往などの衛生指標)と潰瘍性大腸炎発症との関連
    ・ ストレスイベントと炎症性腸疾患(IBD)発症との関連

04 | 問い合わせ先

大阪市立大学大学院医学研究科公衆衛生学
TEL:06-6645-3756/FAX:06-6645-3757
E-mail:satop@med.osaka-cu.ac.jp
責任者:大藤さとこ

インフォメーション

  • 2015.02.20チーム情報を公開しました