平成29年度 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患等政策研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」

患者さん・家族情報

01 | はじめに

「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」班は、潰瘍性大腸炎やクローン病に代表される炎症性腸疾患の調査および研究を行う、長い歴史をもつ研究班です。

平成26年度からは、鈴木康夫班長(東邦大学医療センター佐倉病院)のリーダーシップのもと、炎症性腸疾患の疫学研究(患者数、患者の年齢、地域分布などの調査)、適切な診療のための診断基準、治療指針、ガイドラインの作成、また、発病や増悪の原因などを明らかにする研究を行ってきました。

これらの研究から得られた新しい知見を、患者さまやご家族に提供するために、「患者さま向け情報」に関するホームページを開設しました。本ホームページにて提供される情報を有効活用していただき、主治医とともに、みなさんの治療や日常生活の過ごし方に役立てていただければ嬉しく思います。

また、炎症性腸疾患の研究の進歩は著しく、新しい情報が得られる度に、内容を速やかに更新していく予定です。すべての患者さまが、普通の方と同じような社会生活を送っていただけるようになることを願っております。

平成28年3月2日
「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」班
広報活動/専門医育成プロジェクト
東京医科歯科大学消化器内科 長堀 正和

02 | 資料

潰瘍性大腸炎の皆さんへ
知っておきたい治療に必要な基礎知識

20ページ/1.15MB

詳しく見る

クローン病の皆さんへ
知っておきたい治療に必要な基礎知識

20ページ/1.53MB

詳しく見る

妊娠を迎える炎症性腸疾患患者さんへ
知っておきたい基礎知識

20ページ/2.02MB

詳しく見る

炎症性腸疾患の手術について
Q&A

32ページ/2.85MB

詳しく見る